Loading

ブログ

【解決事例・不貞の慰謝料請求③】ダブル不倫事案において、慰謝料300万円を受け取った事案

【事案の概要】

依頼者は男性です。奥さんが別の男性と不貞行為(不倫)に及んでいることを知り合いの目撃情報から知った依頼者は、当職に対して当該男性に慰謝料を請求することを依頼されました。

調査をすると、当該男性は、妻子持ちの教師であることが判明しました。

【交渉経緯】

まず、当該男性に慰謝料を請求するつもりであることを、依頼者から奥さんに伝えてもらいました。

すると奥さんは依頼者に泣いて謝罪し、離婚はしたくない旨、および当該男性にも迷惑をかけたくないので、できれば自身が橋渡し役になりたい、と希望しました。要するに、当該男性の家庭を壊したくないので、直接手紙を送ってほしくない、ということでした。

「相場より高い慰謝料を払ってもらえるなら、言うとおりにする」と依頼者がおっしゃるので、受任通知を郵送することは辞め、奥さんを通じて当該男性の電話番号を入手し、ショートメールにてやりとりをすることにしました。

そして、裁判での認容額の相場を超える、金300万円という金額の慰謝料を請求したところ、「当事者以外には不貞行為のことは内密にする」という条件で、当該男性はこれに応じました。

【ひとこと】

依頼者は、奥さんとの離婚を強くは希望しておりませんでしたし(思春期の娘さん二人がいたため)、優しい性格の方でした。

相手の奥さんに不貞行為が発覚するとこちらの奥さんに慰謝料請求がなされる可能性が高くそれは避けたいと考えておられましたし、相手の家庭を壊したくはない、というお気持ちもお持ちでした。

それでも、当該男性にはしっかり反省させたいという意向を持っておられたので、相場より慰謝料を支払わせることで、これもかなったと言えます。

依頼者の意向に応じた早期の解決ができたと思います。このように、具体的な進め方についても依頼者の意向を重視すべく、入念な打ち合わせを繰り返して事件対応して参りますので、安心してご依頼ください。

 弁護士  泊  祐 樹

関連記事

  1. 【解決事例・離婚①】適切な金額の養育費を支払う旨の公正証書を作成…
  2. 【解決事例・交通事故③】弁護士費用の手出しなく、契約から半月で慰…
  3. 事務所開業1周年
  4. 【解決事例・企業法務①】
  5. 【解決事例・不貞の慰謝料請求⑤】資力の乏しい相手方から、150万…
  6. 【解決事例・相続④】遺産がほぼ不動産だけの事案で、代償金を支払う…
  7. 【解決事例・不貞の慰謝料請求①】慰謝料を請求されている側の依頼で…
  8. 【解決事例・抵当権抹消】自身の土地に付されていた、身に覚えのない…
PAGE TOP