交通事故

【交通事故コラム①】通院は必ず整形外科へ

整形外科にかかりましょう!整骨院に通院するときも必ず併用を!!

 交通事故に遭ったとき、事故直後はどこも痛くなく、「大丈夫」と言って帰ってしまって、数時間~翌日から「あら?」と痛くなることがあります。

 そういう場合は、まず!病院(整形外科)にかかりましょう!!

 交通事故で負ったケガの治療費や慰謝料を賠償してもらう場合、まず、警察に届け出て「人身事故」として処理してもらう必要があります。この届け出に必要なのが、医師の診断書です。
 
 事故には、車だけの損害で終わる物損事故と、人のケガも発生する人身事故の、2種類があります。
 事故の中には、物損のみの事故として警察で処理される場合もありますが、医師の診断により交通事故で負傷したことが分かる場合は人身事故扱いとなります (物損のみで事故処理された場合であっても治療費等の請求は可能ですが、当初から人身事故で扱う場合と比較して、より説明が必要になります。)。

2 病院にかかるポイント

① 医師に診断書を書いてもらう
 先程も述べたように、ケガの診断をできるのは医師だけです。目立った外傷がなくとも身体に違和感を覚えたら、病院、特に整形外科にかかり、診断してもらいましょう。

② 我慢せずにすぐに行く
 目に見えるケガがないからと我慢せず、すぐの受診をお勧めします。むち打ちなどは目立った傷がなく、一見ケガをしているか分かりませんし、事故直後ではなく少し時間が経ってから発現することがあります。
 しかし、事故後あまりに時間が経ちすぎていると、事故によるケガなのか別の原因があるのか分からなくなります。
 タイムリーに事故後から受診している、という実績が必要なのです。

3 整骨院には行ってはいけない?

 結論から言うと、絶対にダメというわけではありません。
 しかし、あくまでも病院(整形外科)を受診し、補助的に整骨院に通うことをお勧めします。
 重ねて言うように、日本においてケガを診断し、治療を行えるのは医師のみです。医師が発行する診断書が、事故によるケガであること、治療費用がかかったこと、ケガが治ったこと等を証明できるのです。診断書がないと請求できません。
 もちろん、整骨院等の費用も請求可能ですが、その必要性について確認されることがあります。医師に相談し、指示や許可をもらうと確実ですが、そうでないと必要性から整骨院への通院費用はカットされたり減額されたりすることがあります。
 金額面や行きやすさ、受診時間などの面から整骨院等を検討される方もいらっしゃるでしょう。
 しかし、まず病院にかかり、医師に相談してみることをお勧めします。

関連記事

PAGE TOP