Loading
不貞(不倫)の慰謝料請求

不貞(不倫)の慰謝料請求

その悔しさを晴らすお手伝いをさせていただきます!

信じていた配偶者が不貞(不倫)をしていたことが発覚、、、とても辛く、悔しいことかと思います。
日本は法治国家であるため、その仕返しに暴力などを振るうことは許されておりません。
可能なのは、慰謝料を支払わせて償わせることだけです。そのお手伝いを、させていただきます。

慰謝料請求の条件①

慰謝料発生事由となる不貞行為とは、世間一般に言う「浮気」とは異なります。
交際関係にある男女の片方が違う異性とデートに行ったり肉体関係に至ったりしたからといって、慰謝料は取れません。
婚姻関係にある配偶者(あるいはそれに準ずる内縁者)という関係があってはじめて、慰謝料が請求できます。

慰謝料請求の条件②

不貞行為とは、配偶者のある者が他の異性と肉体関係を持つことです。
すなわち、慰謝料の支払いが認められるためには、原則として性交の事実が必要です。
デートやキス、甘いLINEのやりとりが見られるだけでは、不十分です。

慰謝料請求の条件③

慰謝料を請求するためには、証拠が必要です。特に、裁判になった場合、証拠がない上での主張は、裁判所に認めてもらえません。
性交の動画など、直接的な証拠があるのが一番ですが、通常このようなものは残りません。
そのため、ラブホテルや自宅などに二人で入っていく写真や、事後の親密なLINEのやりとりなどの証拠で、間接的に証明することが多いです。

慰謝料の相場

不貞の慰謝料は、婚姻期間の長さ、子供の有無および年齢、それまでの夫婦関係の円満度、不貞関係に及んだ期間の長さ、不貞関係に及んだ回数など、さまざまな要因によって決められるのですが、「相場」として言われるのは、①夫婦が離婚に至らない場合は数十万円~100万円、②当該不貞行為が原因で夫婦が離婚した場合は100~300万円、です。

弁護士費用

不貞行為に基づく慰謝料請求事件の着手金は、原則として、交渉だと22万円、訴訟だと33万円(交渉からの場合、追加分の11万円のみ)です。
報酬は、原則として回収額の11%(最低額11万円)です。
※離婚事件など、別の事件と併せて受任をする場合、争点が共通する場合は割引処理をさせていただくことがございます。

PAGE TOP