Loading

ブログ

交通事故事件の尋問を行いました。

令和3年2月は、二つの交通事故事件について当事者尋問の手続を行いました。
いずれも、事故が起きたこと自体について争っているという、若干珍しい事件です。すなわち、私の依頼者は「車は当たっていない」と主張しているのに対して、相手方当事者は「ここに傷がついている」「当たった衝撃で自分はケガをした。修理代も慰謝料も払いなさい」と言ってきている、という事案です。

こういった事案では、傷の位置関係からして事故が起きたと言えるのか、事故が起きたとして、どのような衝撃が運転手に生じたか、といった点を鑑定書や医療カルテなどを見ながら慎重に判断することになります。しかし最後に重要になってくるのは、やはり当事者同士の話です。主張が具体的か、話に一貫性があるか等、「嘘をついていないか」を質問への受け答えを通じて確認することになります。こういった質問をするのが、「尋問」という手続です。

裁判の花形とでも言うべきこの手続。この手続は裁判の終盤に行われることが通常で、両事件ともあとは判決の言い渡しを待つばかりです。依頼者が熱心にリハーサル等に応じてくれたこともあり、特段つまずくことなく思った通りの尋問ができました。あとは良い結果を待つばかりです。

関連記事

  1. 【法律豆知識・交通事故①】
  2. 【解決事例・交通事故⑥】駐車場内の交通事故で過失割合3:7を勝ち…
  3. 【解決事例・交通事故④】過失割合について争いがあったが、車の傷の…
  4. 【解決事例・交通事故⑦】接触の有無自体が争点となった交通事故で、…
  5. 【解決事例・交通事故③】弁護士費用の手出しなく、契約から半月で慰…
  6. 【解決事例・交通事故⑤】交渉2週間で60万円の賠償額を受け取った…
  7. 【解決事例・交通事故②】ご依頼後1週間で賠償金を50万円増額させ…
PAGE TOP