Loading

ブログ

【解決事例・刑事事件④】窃盗の被害に遭い、刑事上だけでく民事上の責任追及も実施した事例

【事例の概要】

依頼者は、倉庫業を営む個人事業主の方です。

倉庫に泥棒が入り、電線や足場等が大量に持ち去られてしまいました。

その後当該泥棒は逮捕され、刑事裁判が実施され、執行猶予付きの懲役刑が下されました。

依頼者はそれだけでは満足できず、しっかり民事上の賠償もさせたいと思い、当職に依頼をされました。

【交渉経緯】

刑事手続の中で、現存している被害品については依頼者に返還されましたが、ひびが入っていたり汚れていたりと、従前通りの使用はできない状態でした。

物品の一部は転売されており、返還もなされませんでした。

それらの損害について、支払うように通知を送ったところ、開き直って「刑事責任を負うことになったしもうこの件は終わっている。お金はないので払わない」という回答をしてきました。

依頼者は大変憤慨されましたので、もう民事訴訟を提起して強制的に回収することにしました。

結果、賠償請求を認める判決が下り、相手方は観念して賠償金を依頼者に支払ってきました。

【ひとこと】

このように、犯罪行為によって損害を与えた者は、刑事処罰を受けるだけでなく、民事上の責任も負担する必要があります。これについて責任追及したい場合、お気軽にとまり法律事務所までご相談ください。

 弁護士  泊  祐 樹

関連記事

  1. 【解決事例・不動産②】中古不動産の売却に関し、想定よりもリフォー…
  2. 【解決事例・不当要求拒絶(賠償請求)】相手方が成立を主張する口頭…
  3. 【解決事例・刑事事件①】裁判員裁判で弁護団の主任を担当しました
  4. 【解決事例・相続⑤】遺言書の検認の手続をサポートした事例
  5. 【解決事例・刑事事件③】過失運転致死罪の被告事件について刑事弁護…
  6. 【解決事例・不貞の慰謝料請求⑤】資力の乏しい相手方から、150万…
  7. 【解決事例・抵当権抹消】自身の土地に付されていた、身に覚えのない…
  8. 【解決事例・企業法務③】(賃料の勝手な減額を防いだ事案)
PAGE TOP