Loading

【解決事例】交通事故で、相手保険会社からほぼ0円提示だった事故について約100万円の解決金を獲得した事例

<事案の概要>


四輪車同士の接触事故。当方は信号待ちをして停車していたところ、路外から相手方車両が前方不注意で車道に進入し、そのまま当方車両に衝突した、という事故でした。

<損害の状況>


接触による衝撃自体は大きくはなかったが、不意な衝撃であったこともあり、いわゆるむち打ち状態となり、依頼者には常時肩や腰に神経的な痛みが発生することに。半年以上自費での通院を強いられた。車両の修理代も、40万円以上に及びました。

<交渉経緯>


事故の衝撃からして、そんな症状に至るはずがない、との見解から、相手方保険会社は依頼者の通院と事故との因果関係を否認。やむを得ず依頼者は弁護士特約を使って弁護士に交渉を委任。その後、代理人として「事故の衝撃の度合いが小さくても、運転手に強い神経痛が発生することはあり得ること」や「現に、仕事が大変な中時間を捻出して回復のために通院をしていること」等を根拠に粘り強く交渉。

<結果>


結果として、物的損害と人的損害の合計として、約100万円の解決金を受け取ることが出来ました。しかも、弁護士特約を利用されたため、弁護士の着手金や報酬は保険会社が負担したため、依頼者からは弁護士に関する費用は一切手出し無しでした。依頼者としては通院治療費が手出しになってもやむを得ないと考えていたところ、それらをすべてカバーしつつ慰謝料として手元に残る分も確保でき、満足しておられました。

<まとめ>


以上の通り、相手保険会社から「保険金はお支払いできません」と言われている事故でも、弁護士が介入して粘り強く交渉した結果解決金が支払われるというケースや、弁護士が介入した結果支払われる解決金の金額が大幅にアップするというケースは、多くございます。
しかも、ご加入いただいている自動車保険に「弁護士特約」が付されている場合、弁護士の費用は保険会社に負担していただけますので、弁護士を依頼しても実質ご負担はございません。
交通事故に遭われて、相手方保険会社が提示する解決条件に納得が出来ない、疑問がある、という場合には、よりよい条件での解決につなぐことができる可能性がございますので、まずはお気軽に弊所までご相談ください。
初回のご相談は無料にてご対応させていただきます!

対応エリア

福津市、福岡市、古賀市、宗像市、岡垣町、宮若市、直方市、飯塚市、北九州市、久留米市、新宮町その他福岡県全域、また他県でも応相談。

PAGE TOP